ホーム > ほうれい線 > ほうれい線があるとおかしいので消すことが大事

ほうれい線があるとおかしいので消すことが大事

美術の時間に描く友達の絵とか自画像とか、版画とか粘土細工とか、漫画ならデフォルメして書けることが、美術仕様に描かなくてはいけなくて難しかったりしますよね。眉毛を一本一本書いたり、鼻の穴を書いたり。でも目に見えるもの全てを忠実に書いてもよくないんですよね。小学生なのにおじさんおばさんの顔になっている人もいます。なぜなのか考えた時、ほうれい線も書いているからではないかと思い当たりました。小学生でも笑ったときに線がでますよね。それは目に見えるんだけど、わざわざ書くようなものじゃないんですよね。見逃せと言うのではなく、書かなくてもいいものなんだと思います。だって時々手のデッサンするときだって、太いくっきりとした線しか書きませんよね。よく見ると細かい線がたくさんあるのに。本格的な絵なら細かい所まで書いてこそ、ですけどね。

 

ほうれい線を消すためにはどうしたら良いの?

 

書くなら他の物ももっと詳しく書かないと均等にならないんですよね。だから顔の線なぜそこだけ書いちゃったの、という違和感があるんだと思います。ほうれい線を消すと多分小学生の顔になるんじゃないでしょうか。でもその顔、覚えておくと面白いかもしれません。本当にほうれい線ができて絵にも描けるようになったとき、昔描いた顔かもしれません。